日産 ノートe-POWER など5万5000台、Pレンジで動き出すおそれ 改善対策へ

自動車 テクノロジー 安全
日産ノートe-POWER
日産ノートe-POWER 全 2 枚 拡大写真
日産自動車は7月26日、『ノート e-POWER』および『セレナ e-POWER』の減速機に不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは2017年8月9日~2018年4月27日に製造された5万5206台。

減速機の製造工程で、パーキングロックの作動確認検査方法が不適切なため、パーキングポールのシャフトが変形しているものがある。そのため、Pレンジでパーキングロックが作動する際にパーキングポールとシャフトの摺動抵抗が高くなり、パーキングロックが作動せず、最悪の場合、駐車ブレーキを掛けていないと車両が動くおそれがある。

改善措置として、全車両、パーキングロックの作動確認を行い、作動不良があった場合は減速機を良品と交換する。

不具合は18件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発覚した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ノート e-POWER NISMO ブラックリミテッド
  • 日産 ヴァーサ・ノート(ノート)の2019年モデル
  • アルパイン 日産ノート専用大画面9型カーナビ ビッグX(X9Z-NT-AM)
  • 衝突被害軽減ブレーキの性能認定(AEBS)ロゴ
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/07/26/312376.html/article/2018/07/26/312375.html/article/2018/07/26/312377.html