日産自動車、3年連続の減益…原材料高騰や為替変動が影響 第1四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
日産ノートe-POWER
日産ノートe-POWER 全 2 枚 拡大写真
日産自動車は7月26日、2018年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。原材料の高騰や為替変動などにより、3年連続の営業減益となった。

第1四半期のグローバル販売台数は前年同期比3.0%減の131万台となった。日本では全体需要が下がる中、同0.8%減の13万台。中国は同6.9%増の33万6000台となった。米国は36万5000台、ロシアを含む欧州は同12.7%減の16万2000台。アジア・オセアニア、中南米、中東、アフリカをはじめとするその他市場の販売台数は同6.6%増の20万台となった。

これらの結果、売上高は同1.6%減の2兆7166億円で2年ぶりの減収、営業利益は主に原材料の高騰や為替の変動などにより、同28.8%減の1091億円で3年連続の減益となった。

経常利益は同16.2%減の1589億円、四半期純利益は同14.1%減の1158億円。ともに3年連続の減益となった。

通期連結業績見通しは、売上高12兆円(前年比0.4%増)、営業利益5400億円(同6.0%減)、純利益5000億円(同33.1%減)とした前回予測を据え置いた。

新型『フォレスター』は、2.5リットル直噴エンジンと、e-BOXERと名付けた2.0リットル直噴エンジンとモーター…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV