日産のEV世界新車販売、4万7000台以上 2018年上半期

エコカー EV
新型日産リーフ(欧州仕様)
新型日産リーフ(欧州仕様) 全 3 枚 拡大写真
ルノー日産三菱アライアンスは7月27日、2018年上半期(1~6月)の日産自動車のEV世界新車販売台数が、4万7000台以上だったと発表した。

好調だったのは、欧州。新型『リーフ』が2018年上半期、欧州でおよそ1万8000台以上を販売。欧州市場におけるベストセラーEVになっている。

一方、米国では上半期、新型リーフの販売台数は6659台にとどまった。前年同期に対して、8.1%減と落ち込む。

新型リーフは先代(初代)モデルに対して、バッテリーの蓄電容量を増やし、1回の充電での航続を拡大。部分的な自動運転技術の「プロパイロット」や、駐車支援の「プロパイロット・パーク」、アクセルペダルのみで加減速を行う「eペダル」などの新技術を導入している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 所沢市と日産自動車、電気自動車を柱とする連携協定を締結
  • 日産と小田原市、SDGs達成に向けEVを活用した連携協定を締結
  • 日産と豊橋市、EVを活用した「災害連携協定」を締結
  • 日産自動車と岩手県陸前高田市、岩手日産自動車、盛岡日産モーター、日産プリンス岩手販売、日産チェリー岩手販売および東北が「電気自動車(EV)を活用した持続可能なまちづくりに関する連携協定」を締結
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ