クラリオン、業務用車両管理サービスに映像解析による走行診断サービスを追加

自動車 テクノロジー 安全
一時停止道路標識と表示に対する運転
一時停止道路標識と表示に対する運転 全 2 枚 拡大写真
クラリオンは、業務用車両向けクラウド活用型車両管理サービス「SAFE-DR」の新サービスとして、「自動解析プログラムを使用した映像解析による走行診断サービス」を、8月1日から提供すると発表した。

近年、運輸事業者による社会的な影響が大きい事故の発生が増加。集合研修や事故惹起者への指導といった従来型の事故防止活動から、AIや各種センシング技術を活用してドライバーの運転状況を把握・分析する先進的な取組が社会的に求められている。

新サービスは、SAFE-DR対応ドライブレコーダーに記録された常時録画映像を、SOMPOリスケアの自動映像解析プログラムで解析、走行診断を行うもの。解析は、交差点走行中の「黄・赤信号通過」「一時停止不停止」を自動抽出、「交差点で赤信号を通過してしまう」「一時停止標識・標示があるのに安全確認をせず通過している」といった加速センサでは確認できない危険運転を、常時録画映像から自動抽出。正しい運転行動、指導ポイントなどを「走行診断レポート」として運行管理者に提供する。

費用は、1企業あたり5万円(税別)からとなる。

新型『フォレスター』は、2.5リットル直噴エンジンと、e-BOXERと名付けた2.0リットル直噴エンジンとモーター…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルシア クラリオン 商用車用HDカメラ CR-8500A(シャッター付)
  • フォルシア(イメージ)
  • フォルシア(ロゴ)
  • クラリオン・フルデジタルサウンド
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ