オートバックス、日本製専売スタッドレスタイヤ発売へ 発泡ゴム技術搭載

自動車 ビジネス 国内マーケット
アイス エスポルテ
アイス エスポルテ 全 5 枚 拡大写真
オートバックスセブンは、同社グループ専売の日本製スタッドレスタイヤ「アイス エスポルテ」を9月1日より全国のオートバックスグループ店舗で発売する。

アイス エスポルテは、価格を重視するユーザーに向け、「価格と性能のバランスがとれたスタッドレスタイヤ」をコンセプトに開発。同社専売タイヤ初の発泡ゴムを採用し、氷雪性能と長持ち性能を両立した。

発泡ゴムは多数の気泡により水膜を素早く除去することで、タイヤが氷路面にしっかり密着、優れたグリップ力を発揮する。使用開始後も氷上性能が低下しづらく、ゴム内の多数の気泡で柔らかさを確保。ゴムに特殊なオイルを混入する方法とは違い、すり減ってもタイヤの表面に新しい気泡が現れるため、優れた効きが長持ちする。

また、氷雪性能と長持ち性能を重視したパターンを採用。センターに配置させた太いストレートグルーブは雪上での高い直進安定性を発揮し、コンティニューグルーブは径方向への効果的な排水、排雪により高いウェット性能、雪上性能を実現する。さらにリブレットにより、装着初期の凍った路面でのグリップ力および除水効果を実現。サイプの切れ込みを断面途中で3次元にジグザグに変化させ、隙間にはプロップ・ホームを搭載する3Dホールドスクラムサイプは、ブロック剛性を高め走行安定性を向上させる。

サイズは12インチから18インチの30サイズ。冬タイヤ需要の約80%をカバーするラインアップを展開する。価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV