メルセデス CLS400、誤った仕様のNOxセンサを装着 リコール

自動車 テクノロジー 安全
CLS400
CLS400 全 3 枚 拡大写真
メルセデス・ベンツ日本は8月7日、『CLS400/CLS400シューティングブレーク』の排出ガス発散防止装置(NOxセンサ)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年4月26日~2017年8月3日に製造された216台。

NOxセンサの車両への製造組付指示が不適切なため、誤った仕様のNOxセンサが装着されている。そのため、NOxの排出量が基準値を満足しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、NOxセンサを点検し、誤品が装着されている場合は、良品と交換する。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本社からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ CLS220dスポーツ(ハイテックシルバー)
  • ロールスロイス・シルバーコースト・シューティングブレーク(1923年)
  • 改善箇所
  • 改善箇所
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV