トライアンフ ストリートトリプルRS、新色マットジェットブラックを追加

モーターサイクル 新型車
トライアンフ ストリートトリプルRS(マットジェットブラック)
トライアンフ ストリートトリプルRS(マットジェットブラック) 全 2 枚 拡大写真
トライアンフモーターサイクルズジャパンは8月10日、3気筒ミドルスポーツネイキッド『ストリートトリプルRS』の2019年モデルに新色「マットジェットブラック」を導入したと発表した。

ストリートトリプル RSは、2019年よりMoto2へのエンジン供給のベースとなる同モデル史上最強の765ccトリプルエンジンを搭載。最高出力は先代より16%アップの123ps、最大トルクは13%アップの77Nmを発生する。

今回、新色マットジェットブラックを追加したことで、カラーバリエーションは既存色のクリスタルホワイト、マットシルバーアイス、ファントムブラックと合わせ、4色となった。

価格は143万7000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ TMAX560 TECH  MAX(左)と XMAX(右)
  • トライアンフ茅ヶ崎
  • 旋回中も足回りが踏ん張るので、きちんと向きを変えていける
  • HUDとリヤカメラを内臓したスマートヘルメット「クロスヘルメット X1」を青木タカオ氏が試した
  • 世界限定500台のドゥカティ『スーパーレッジェーラV4』
  • KTM 890DUKE R
  • ヤマハ XMAX
  • ミツバサンコーワEDR-21G/L

ピックアップ