9月9日以降、山陽本線の運行見合せは三原-白市間のみに 平成30年7月豪雨

鉄道 企業動向
JR西日本広島・山口エリアにおける8月22日時点の運行再開予定。山陽本線は9月9日に白市以西が復旧。岩徳線は9月22日に全面復旧する予定。
JR西日本広島・山口エリアにおける8月22日時点の運行再開予定。山陽本線は9月9日に白市以西が復旧。岩徳線は9月22日に全面復旧する予定。 全 1 枚 拡大写真
JR西日本は8月22日、平成30年7月豪雨の影響で運行見合せが続いている山陽本線、呉線、岩徳(がんとく)線の具体的な運行再開予定を明らかにした。

それによると、山陽本線白市~瀬野間と柳井~下松間、呉線広~坂間が9月9日、岩徳線周防高森~櫛ヶ浜間が9月22日に運行を再開する予定となった。

これらの区間は、9月末から11月中にかけての再開見込みとなっていたが、国土交通省や関連する事業者との調整や支援を行なうことで、再開時期が前倒しされることになった。また、呉線安芸川尻~広間の再開予定は、復旧作業が進捗したことにより、2019年1月中から10月中へと大幅に繰り上げられる。

このうち呉線呉~坂間では、NEXCO西日本がJR線路上の土砂を含めた一体的な土砂撤去・搬出を行なっているほか、国土交通省中国地方整備局が国道31号の用地を仮の土砂置き場として提供するとともに、周囲の交通状況を踏まえた搬出時間帯の調整も行なっている。山陽本線柳井~下松間においては、隣接する国道188号線のうち、下り方向の2車線を復旧工事の作業ヤードとして提供している。

なお、運行再開後は山陽本線白市~八本松間と呉線広~呉間で実施している暫定的な部分運転が終了となり、9月8日は八本松駅の仮設ホームが撤去される。そのため、当日の山陽本線西条~八本松間では20時以降の運行が中止される。

今回の運行再開で、JR西日本広島・山口エリアに残る運行見合せ区間は、山陽本線三原~白市、呉線三原~広、芸備線狩留家(かるが)~備後落合、福塩線府中~塩町の4区間となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。
  • 箱崎キャンパス跡地利用協議会が示している「箱崎キャンパス周辺の優位性と課題」。駅の交通利便性強化が盛り込まれている。
  • 「憧れの街」をデザインコンセプトにした銀座駅のホーム。壁面には「古き良き銀座の街並み」のイメージが描かれている。
  • N700S

ピックアップ

Response.TV