レクサス、国内販売が累計50万台を達成…記念の特別仕様を6モデルに設定

自動車 ニューモデル 新型車
レクサス GS450h 特別仕様車ブラックシークエンス(ソニッククォーツ)
レクサス GS450h 特別仕様車ブラックシークエンス(ソニッククォーツ) 全 34 枚 拡大写真

レクサスは、国内累計販売台数50万台達成を記念して『GS』『IS』『CT』『LX』『RX』『NX』に特別仕様車「ブラックシークエンス」を設定、またGS、IS、NXの一部改良を実施し、8月23日より販売を開始した。

特別仕様車ブラックシークエンスは、6車種共通のアイコンとして、スピンドルグリルやアルミホイール、シート表皮など、各車種の内外装にブラックの専用装備を採用し、精悍かつ力強いデザインを強調した。

GSの特別仕様車は、「Iパッケージ」をベースに、エクステリアではスピンドルグリルとドアミラーをブラック塗装としたほか、アルミホイールに光沢のあるスパッタリング塗装を施した。インテリアではルーフとピラーをブラックとしたほか、本革シートにサドルタン/トパーズブラウンを設定し、スポーティな外装と上品で落ち着いた内装のコントラストを実現した。価格は627万7000円から793万5000円。また一部改良で、セキュリティ機能も強化している。

ISの特別仕様車は、「F SPORT」をベースに、アルミホイールとドアミラーをブラック塗装とした。ステアリングホイールは、熟練職人が操作性やフィット感を重視した形状を追求し、墨の名産地・奈良で創られた墨色で仕上げた本杢を採用。また、ブラックにフレアレッドが映える専用シートを設定し、スポーティさをより一層高めた。価格は531万8000円から643万8000円。

ISの一部改良では、外板色ソニックシルバーを新設定したほか、F SPORT専用オーナメントパネルにダークグレーヘアラインを採用した。また、アナログクロックにGPS時刻補正機能を追加し利便性を高めたほか、セキュリティ機能も強化。さらに、IS300の2.0リットルターボエンジンのアクセル操作に対する応答性を高めることで、滑らかで快適な走りを実現している。また、事故や急病時には車両データをもとに重症度を指定してドクターヘリなどの早期出動判断を行うD-Call Netにも対応し、緊急時の対応力を高めた。

CTの特別仕様車は、「バージョンC」をベースに、専用のツートーン外板色として「ソニックチタニウムルーフ&グラファイトブラックガラスフレーク」、「マーキュリーグレーマイカルーフ&レッドマイカクリスタルシャイン」、「ソニックチタニウムルーフ&ソニッククォーツ」の3種類を設定した。また、インテリアもシートとドアトリムをブラック基調にブルー、ダークローズ、ホワイトとの組み合わせを設定。好みに合わせた内外装を選ぶことができる。さらに、F SPORTと同様の専用チューニングを施したサスペンションを採用し、よりスポーティな走りを実現している。価格は409万円。

LXの特別仕様車は、スピンドルグリルとフレームをそれぞれ異なる専用のカラーリングとしたほか、三眼フルLEDヘッドランプとLEDリヤコンビネーションランプなどのカバーをクリアブラックに設定。インテリアは、シートやドアトリムにダイヤモンドステッチを施した。また、LXの文字を投影するドアカーテシランプを採用するなど、LXの存在感を際立たせた。価格は1170万円。

RXの特別仕様車は、標準仕様をベースにスピンドルグリル、LEDフロントフォグランプベゼル、アルミホイール、リヤバンパーロアガーニッシュなどをブラック塗装とし、エクステリアの精悍さを高めた。また、インテリジェントクリアランスソナーやリヤクロストラフィックオートブレーキなどを標準設定し安全運転支援の装備を充実させた。価格は557万2000円から690万7000円。

NXの特別仕様車は、「Iパッケージ」をベースにスピンドルグリル&フレームとドアミラーをブラックに塗装。さらに、フェンダーアーチモールをボディカラー同色とすることで、NXらしい艶やかさを強調した。また、黒のアクセントとなるブロンズ・カラード切削光輝アルミホイールをオプション設定。安全運転を支援するパーキングサポートブレーキ(静止物)を標準設定した。価格は471万1000円から561万1000円。

NXの一部改良では、ITS専用周波数(760MHz)による路車間・車車間通信を活用した安全運転支援システム「ITS Connect」をオプション設定した。また、D-Call Netにも対応し、緊急時の対応力を高めたほか、セキュリティ機能も強化している。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  2. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  3. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  4. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  7. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  8. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
  9. ルノー カジャー 後継、車名は『オーストラル』に決定…CセグSUV
  10. トヨタ タンドラ 新型、生産開始…ハイブリッドは2022年春から
ランキングをもっと見る