神戸電鉄有馬線谷上-有馬口間で運行見合せ…台風20号の影響で法面が崩壊

鉄道 企業動向
8月24日時点での代替輸送の概要。
8月24日時点での代替輸送の概要。 全 1 枚 拡大写真
兵庫県の神戸電鉄は、台風20号の接近・通過の影響で8月24日から有馬線谷上~有馬口間で列車の運行を見合わせている。

この区間では、花山~大池間にある法面が崩壊しており、復旧まで相当の日数を要する見込みとなっている。

そのため、列車は新開地~谷上間、有馬口~有馬温泉・三田(さんだ)間で折返し運転を実施し、一部列車の間引きも行なわれている。

谷上~有馬口間では兵庫県道15号神戸三田線(通称:有馬街道)を経由して各駅に停車する代行バスが、谷上~岡場間では阪神高速道路を経由する直行代替バスが運行されており、8月25・26日も代替輸送が実施される予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。
  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。
  • 鬼滅の刃
  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。
  • DMV導入により引退することになった、阿佐海岸鉄道の気動車。
  • 嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。
  • 静岡県と長野県の県境にかかる、被災直後の飯田線小和田~中井侍間。
  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。

ピックアップ