トライトンもダイナミックシールド顔に! 三菱 L200 改良モデルをスクープ

自動車 ニューモデル 新型車
三菱 L200 改良新型スクープ写真
三菱 L200 改良新型スクープ写真 全 14 枚 拡大写真
三菱のピックアップトラック『L200』改良新型をレスポンスの兄弟サイト、Spyder7のカメラが初めて捉えた。世界的注目が集まるピックアップトラック市場でも、人気の高い「L200」が大刷新されるようだ。

「L200」は、1978年に初代(日本名:フォルテ)がデビュー。その後1986年に2代目(日本名:ストラーダ)、1996年に3代目がデビューした。そして2005年に登場した4代目は『トライトン』として日本でも発売されていたが、2011年をもって販売が終了。現行モデルは5代目にあたりフィアットへの供給もしており、同ブランド『フルバック』とは兄弟車となっている。

改良新型では、フロントマスクを一新。グリルと連なる薄型のヘッドライト、バンパー両サイドの立体的な「コの字」型の造形は、三菱のデザイン哲学「ダイナミックシールド」の採用と見て間違いない。また、これに伴いボンネットの形状にも変化が見られる。ハニカムメッシュの大型ラジエーターグリルも確認することができる。

リアビューでは、サイドまで回り込むテールライトもデザインがリフレッシュされる可能性がある。これまでの力強いイメージから、スタイリッシュなオンロードも意識したデザインが特徴となりそうだ。

室内では、「スマートフォンリンク・ディスプレイオーディオ」の搭載や、インパネまわりがリフレッシュされ、高級SUVのようなコックピットが期待出来そうだ。パワートレインは、2.4リットル直列4気筒ディーゼルターボの他、新たに2リットルモデルの噂も。

日本でのピックアップ市場と言えば、2017年9月にトヨタ『ハイラックス』が13年ぶりに復活。トライトン以来6年振りのピックアップは、目標台数を大きく上回った。ファンにとっては日本市場での新型トライトン復活にも期待したいところだが…。

ワールドプレミアの場は、2019年内のモーターショーになるだろう。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/09/03/313579.html/article/2018/09/03/313578.html/article/2018/09/03/313580.html