総武快速・横須賀線にもE235系…グリーン車にコンセントとWiFi、停電時も走行可能 2020年から順次落成

鉄道 企業動向
11両編成51本、4両編成46本の計745両が製造される計画の総武快速・横須賀線用E235系。車体は現行のE217系同様ステンレス製で、横須賀線伝統の「横須賀色」がアクセントカラーとなる。E217系では電動車がユニット方式となっているが、このE235系では1両に1台の制御装置を持つ方式に変更。故障に強い車両とするため、主要機器は2重系化されるという。
11両編成51本、4両編成46本の計745両が製造される計画の総武快速・横須賀線用E235系。車体は現行のE217系同様ステンレス製で、横須賀線伝統の「横須賀色」がアクセントカラーとなる。E217系では電動車がユニット方式となっているが、このE235系では1両に1台の制御装置を持つ方式に変更。故障に強い車両とするため、主要機器は2重系化されるという。 全 4 枚 拡大写真
JR東日本は9月4日、総武快速・横須賀線(千葉~東京~久里浜間)などへE235系を投入すると発表した。

同車は2015年11月から山手線に投入されているが、総武快速・横須賀線などへ投入される車両は、搭載機器や線路、電力設備などの状態を常時監視するモニタリングが可能で、JR東日本の車両として初めて停電時も走行できる非常走行用電源装置を搭載する。

総武快速・横須賀線用のため、山手線用にはないグリーン車も連結されるが、JR東日本の普通列車用グリーン車としては初めて全座席に電源コンセントを設置。車内公衆無線LAN(WiFi)や液晶ディスプレイによる案内画面も備える。

2020年度から順次落成する予定となっており、総武快速・横須賀線のほか、外房線千葉~上総一ノ宮間、内房線蘇我~君津間、総武本線千葉~成東間、成田線佐倉~香取間・成田~成田空港間、鹿島線にも投入される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京メトロ 有楽町線&副都心線用17000系
  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。

ピックアップ