BRT専用道で自動運転バスの実証実験を実施へ JR東日本

自動車 テクノロジー ITS
BRTで自動運転バスの実証実験
BRTで自動運転バスの実証実験 全 2 枚 拡大写真
東日本旅客鉄道(JR東日本)は、先進モビリティと協力して、JR東日本管内のBRT(バス高速輸送システム)専用道で、中型バスを使った自動運転の技術実証実験を2018年12月から実施する。

大船渡線BRT竹駒駅(岩手県陸前高田市)周辺のBRT専用道約400mで、自動運転技術を搭載した中型バスによる、40km/hの走行試験や駅ホーム部の停車試験、単線すれ違い試験を実施する。

実証試験に向けてBRT専用道には磁気マーカーを設置する。関係者が試乗する予定。

JR東日本では将来的に自動運転レベル4(限定したエリアでの完全自動運転)の実現を目指している。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。
  • 「ありがとう万代口駅舎」惜別プロモーションのメインビジュアル。
  • 小田急の新型通勤車両、5000形
  • 2019年10月の台風被害で浸水した長野新幹線車両センターのE7系。JR東日本が保有する8編成がすべて廃車となった。
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV