アウディ Q3 1.4T リコール NOx排出量が基準値を満たさないおそれ

自動車 テクノロジー 安全
アウディ Q3 1.4T リコール改善箇所説明図
アウディ Q3 1.4T リコール改善箇所説明図 全 1 枚 拡大写真
アウディジャパンは9月5日、『Q3』のエンジン燃料供給制御プログラムにおいて仕様地設定が不適切だとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは「Q3 1.4T」1車種で、2016年9月3日~2017年11月20日に輸入された355台。

エンジンの燃料供給制御プログラムにおいて、仕様地設定が不適切なため、誤った仕様地プログラムが設定されており、NOxの排出量が基準値を満たさないおそれがある。

改善措置として、全車両の燃料供給制御プログラムを適切な仕様地プログラムに書き換える。

不具合件数はゼロで、事故は起きていない。本国からの情報により届け出た。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ RS Q3 新型
  • アウディジャパンのフィリップ・ノアック 社長とアウディQ3&Q3スポーツバック
  • アウディ Q3(左)とQ3スポーツバック
  • アプトのアウディ RS Q3 スポーツバック 新型のカスタマイズプログラム
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ