メルセデスAMG GLE63S など、油圧スタビライザからオイルが吹き出すおそれ リコール | レスポンス(Response.jp)

メルセデスAMG GLE63S など、油圧スタビライザからオイルが吹き出すおそれ リコール

メルセデス・ベンツ日本は9月13日、メルセデスAMG「GLE63S」など『GL/GLEクラス』4車種の油圧スタビライザ制御装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

自動車 テクノロジー 安全
改善箇所
改善箇所 全 1 枚 拡大写真
メルセデス・ベンツ日本は9月13日、メルセデスAMG「GLE63S」など『GL/GLEクラス』4車種の油圧スタビライザ制御装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「GL63 4MATIC」、メルセデスAMG「GLE43 4MATIC C」、メルセデスAMG「GLE63S 4MATIC」、メルセデスAMG「GLE63S 4MATIC C」の4車種で、2012年1月7日~2017年7月21日に輸入された833台。

油圧スタビライザ制御装置のオイルリサーバにおいて、シーリングキャップの消泡機構が不適切なため、姿勢変化が大きい運転を継続すると、ベントホールからオイルが噴き出すことがある。そのため、噴き出したオイルが排気管等に接触、発煙して、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、シーリングキャップを対策品に交換する。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本社からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ