【SUPER GT 第6戦】山本尚貴&ジェンソン・バトン組NSXが今季初ポールを獲得…GT300クラスはBRZが予選首位

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
GT500のポールを獲得した山本とバトン(中央は高橋国光監督)。
GT500のポールを獲得した山本とバトン(中央は高橋国光監督)。 全 16 枚 拡大写真
15日、SUPER GT第6戦の公式予選が宮城県のスポーツランドSUGOで行なわれ、GT500クラスでは山本尚貴&ジェンソン・バトンのRAYBRIG NSX-GTが今季初のポールポジションを獲得した。GT300クラスはスバルBRZの井口卓人&山内英輝が予選トップ。

残すは今回を含めて3レース、2018年のSUPER GTもクライマックスへと近づいてきた。獲得ドライバーズポイント連動のウエイトハンデは今回までが総得点×2kgの原則で、多くのマシンにとってここが年間最大ウエイトラウンドになる(GT500クラスは50kgを超えた場合、燃料流量リストリクターによる調整への段階的一部振りかえも併用。両クラスとも“実行上限”は100kg)。

今大会を前にGT500クラスのホンダNSX勢は「車重+10kg」となっており(既報)、この影響も注目されるところ。また、コース幅が狭く1周の距離も短いSUGOでは決勝の最大出走枠(43台)が今季の年間エントリー台数(GT500クラス15台+GT300クラス29台=44台)より少ないため、GT300クラスでは事前にエントリーが28台に絞られ、なおかつ予選Q1が2組に分割されての実施になっている。

天候微妙だったこの日のSUGOだが、予選時は明確な雨の降りはなかった模様で、路面もQ1開始当初は午前中の雨によるウエット部分が残っていたものの、やがて完全ドライへと推移していった。

GT500クラスでは、ホンダ勢が“増量”をものともしない予選結果を得る。参戦5台中4台が上位8台で争うQ2に残り、最終的に予選1-3-4-5と上位寡占。そしてポールポジションを獲得したのは、ホンダのエースと元F1王者の今季新コンビが駆る#100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴&J.バトン/タイヤはブリヂストン=BS)だった。

#100 NSXはバトンがQ1を3位で突破、Q2では山本が1分10秒248をマークし、上位3台がコースレコードで0.104秒差という接戦を制して、今季初ポール、コンビ初ポールを獲得した。

山本が僚友の“新人”を讃える。「JB(バトン)はドライでの予選アタックが(朝のフリー走行が途中から雨だったため)経験できていなかったのに、見事にQ1を突破してくれました。今日はそれに尽きると思います」。バトンもまた、「ナオキならQ2で『やってくれる』と信じていた」とチームリーダーへの信頼を語る。そして両者とも、80kg相当ハンデに10kg増量という厳しい状況下でも速いマシンを仕立ててくれた「チームとホンダに感謝」。

#100 NSXは前戦終了時、ドライバーズポイントランク2位タイで首位とは7点差だった。ポール得点を追加し、これで6点差の単独2位。明日の決勝、展開次第ではここでの“首位獲り”も視界に入ってきている。

予選2位には日産勢の#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹&J.マーデンボロー/BS)が入り、ホンダの1~2列目独占を阻止。予選3~5位には#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀&伊沢拓也/BS)、#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大&小暮卓史/BS)、#16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀&中嶋大祐/ヨコハマ=YH)の順でホンダ勢が並んだ。レクサス勢最上位は6位の#19 WedsSport ADVAN LC500(国本雄資&山下健太/YH)。

現在ポイント首位、94kg相当ハンデの#1 KeePer TOM'S LC500(平川亮&N.キャシディ/BS)は予選9位。今季1勝している#39 DENSO KOBELCO SARD LC500(H.コバライネン&小林可夢偉/BS)はQ1でコバライネンがコースアウト、赤旗中断の原因になったため、タイム抹消となっている(予選15位扱いの見込み)。

GT300クラスでは、#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人&山内英輝/ダンロップ=DL)が今季初ポールを獲得した。今季はトラブル等もあり決勝で悔しい展開が多い印象の#61 BRZだが、井口と山内は「チーム全体で(逆襲への)準備はしっかりできています」と口を揃え、明日の今季初優勝達成に向け、強い意気込みを示している。

#61 BRZを追うGT300クラス予選2~6位は以下の通り。

2位 #25 HOPPY 86 MC(松井孝允&坪井翔/YH)
3位 #9 GULF NAC PORSCHE 911(久保凛太郎&石川京侍/YH)
4位 #5 マッハ車検 MC86 Y's distraction(坂口夏月&平木湧也/YH)
5位 #10 GAINER TANAX triple a GT-R(星野一樹&吉田広樹/YH)
6位 #21 Hitotsuyama Audi R8 LMS(R.ライアン&富田竜一郎/DL)

なお、ハンデが上限100kg(数値上は102kg)に達しているドライバーズポイントリーダーの#55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一&S.ウォーキンショー/BS)は予選23位だった。

決勝300kmレース(81周)は、明日16日の午後2時にパレードラップ開始予定。例年、いろいろな出来事が起きがちなSUGOが舞台で、天候にも読み切れないところがあるだけに、一切の余談を許さぬ“劇闘”が待っているかもしれない。

《遠藤俊幸》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  2. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  3. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  4. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  5. 「ワンストップ型ETC」社会実験を実施へ 本町山中有料道路
  6. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  7. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  8. ホンダ シビック 新型、生産開始…米で初めてハッチバック組み立て
  9. ダイハツ タント 一部改良、ターボモデルに電動パーキングブレーキなど標準装備
  10. 3カメラで前後左右さらに車内をフルハイビジョン録画、セルスターの新型ドラレコ発売
ランキングをもっと見る