ブロードリーフ、自動車整備事業者向けクラウドサービス「メンテナンス.c」発売へ

ブロードリーフ(Webサイト)
ブロードリーフ(Webサイト)全 1 枚写真をすべて見る

ブロードリーフは、「ブロードリーフ クラウドプラットフォーム」上で稼働する新サービス、スーパーフロントマンシリーズ「メンテナンス.c」の販売を10月1日より開始する。

ブロードリーフ クラウドプラットフォームは、IT革新を実現するためのクラウドベースのデジタルビジネスプラットフォーム。大量データの収集・高速検索・分析、業務APIサービスの組み合わせによる短期間でのサービス実装、利用規模に合わせた高いスケーラビリティが特徴で、自動車関連ビッグデータを活かした新たなビジネスやサービスの創出を支援する。

同プラットフォーム上で稼働するサービス第1弾となるメンテナンス.cは、インターネットブラウザ上で顧客・車両管理・伝票発行・申請書類作成ができる自動車整備事業者向けのクラウドサービス。整備業務に欠かせない機能を搭載し、さらに使いたい機能を追加することもできる。また、複数のAIエンジンによる、高度な情報処理・データ予測・レコメンド等が業務のさらなる効率化を実現する。

ブロードリーフでは、メンテナンス.cをまずはスタートアップ企業向けサービスとして提供。順次、機能拡張を進めていくとともに、他事業者向けサービスの提供も開始していく予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブロードリーフとBEMACフィリピンズ社
  • Zenmovを持分法適用会社化して新しいモビリティサービスを提供
  • ブロードリーフの作業分析/業務最適化ソフトウェア「OTRS」のウェブサイト
  • 産業革新研究所が運営する「ものづくりドットコム」のウェブサイト
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ