大阪モノレール3000系が2018年度のグッドデザイン賞を受賞…眺望性などを評価 10月21日から運行

眺望性を重視した開放感が大きく評価された大阪モノレール3000系。
眺望性を重視した開放感が大きく評価された大阪モノレール3000系。全 3 枚写真をすべて見る

大阪モノレールは10月3日、同社の新型車両3000系が2018年度のグッドデザイン賞を受賞したと発表した。

3000系は大阪モノレールとしては17年ぶりとなる新型車両で、「やさしさ・おもてなし」「清潔感・開放感」「楽しさ」「チャレンジ」といったコンセプトで、おもに家族を意識して製作された。

今回の受賞では、眺望性を重視した開放感あふれるインテリアや、ベビーカー利用者を考慮して腰当てクッションを設けるなどのユーティリティー性、まとまりのよい内装材のカラーリングなどが評価された。

この3000系は10月21日から営業運行を開始することになっており、当日は14時から14時50分まで万博記念公園駅(大阪府吹田市)で出発式を開催。その後、14時45分発の臨時列車が門真市まで運行され、門真市15時18分発の千里中央行きから通常運行に入る。

グッドデザイン賞は公益財団法人日本デザイン振興会が1957年から主催している総合的なデザインの評価・推奨制度で、モノレール車両としては過去に、東京モノレールの1000形、2000形、10000形が受賞している。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。

ピックアップ

Response.TV