テスラが モデル3 の生産目標達成、5万台以上を生産…大半が高性能仕様

テスラ・モデル3
テスラ・モデル3全 3 枚写真をすべて見る

米国のEVメーカー、テスラは10月2日、新型コンパクトEVセダンの『モデル3』(Tesla Model 3)の生産目標を達成した、と発表した。

新型EVのモデル3に関しては、工場が生産の自動化で苦労し、生産障害が度々発生。およそ42万台のバックオーダーに対して、需要に見合う量産が行えないという問題を抱えていた。

しかしテスラは、新たに設けたラインで手作業による生産を行い、徐々にこの生産障害を解消。2018年第3四半期(7~9月)、テスラは5万3239台のモデル3を生産。テスラが掲げていた第3四半期の5万台の生産目標を達成している。

テスラによると、第3四半期に生産されたモデル3の多くが、高性能4WDの「デュアルモーター」仕様。第3四半期の最終週には、生産された5300台以上のモデル3のほとんどがデュアルモーター仕様だった、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • テスラ スーパーチャージャーステーション(イメージ)
  • テスラ・モデル3
  • テスラのEV
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/04/314685.html/article/2018/10/04/314684.html/article/2018/10/04/314686.html