いすゞとカミンズが提携、次世代パワートレイン共同開発へ

カミンズ初のEVトラックコンセプト、アーバンハウラートラクター(参考画像)
カミンズ初のEVトラックコンセプト、アーバンハウラートラクター(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

いすゞ自動車(Isuzu)とカミンズ(Cummins)は10月4日、パワートレイン事業に関する提携について覚書を締結し、協議を開始することで合意した、と発表した。

カミンズは、米国インディアナ州コロンバスに本社を置く世界トップレベルの規模を持つエンジンメーカー。ディーゼルエンジンや天然ガスエンジン、燃料系統、制御、空気調和、ろ過、排気ソリューション、発電システムなどの関連技術の設計、生産、販売、アフターサービスなどの事業を、世界市場で手がけている。

今回の両社の合意は、電動化を始めとするパワートレーンの多様化に対応しつつ、従来以上に環境に優しい次世代ディーゼルエンジンの開発にも積極的に対応していくのが目的。両社はパワートレインに対する課題で認識が一致したため、パワートレイン事業における長期的かつ包括的なパートナーシップの構築を視野に入れて、協業機会の可能性を共同検討することで合意した。

具体的には、両社が持つ技術を最大限に融合することにより、開発の効率化を図る。それと同時に、コスト競争力と商品競争力を持つ次世代パワートレインでの協業を通じ、地域エネルギー事情や顧客の幅広い用途やニーズに見合うパワートレインの供給を実現し、事業の拡大を図っていく。

いすゞとカミンズは、幅広い用途を持つ商用車や産業用パワートレインに関しては、先進国市場での高負荷用途や社会インフラ制約が厳しい新興国市場において、ディーゼルエンジンへの期待が依然大きいと見る。両社は、今後もディーゼルが有用なパワートレインであり続けると認識している、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 NV350キャラバン(2017年)
  • いすゞ D-MAX 新型スクープ写真
  • 日産 アトラス ディーゼル 1.55t
  • 8月26日の朝日新聞・産経新聞・日本経済新聞・毎日新聞・読売新聞に、エルフ60周年を記念した広告を掲載
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/05/314722.html/article/2018/10/05/314721.html/article/2018/10/05/314723.html