LEDで車両情報をリアルタイム表示、ダムドが新型ステアリングの一般販売開始 

DAMD パフォーマンス ステアリングホイール
DAMD パフォーマンス ステアリングホイール全 31 枚写真をすべて見る

ダムドは、2018年6月から指定店舗で限定販売していた新型ステアリング「DAMD(ダムド)パフォーマンス・ステアリングホイール」の一般販売を10月より開始した。

DAMDパフォーマンス・ステアリングホイールは、「ドライバーの意図を車へ伝える」というステアリング本来の機能に加えて、「車の情報をドライバーへ伝える」という新たな双方向コミュニケーションを生むダムド製ステアリングの最上位モデル。ハンドル上部にLEDインジケーターとOLEDモニター配し、運転中大きく視線を外すことなく愛車の情報を得られるインターフェイスシステムを搭載。車両のOBD IIデータから取得した速度、エンジン回転数、燃費、アクセル開度、油温、水温といった車両情報をWi-Fi通信によりリアルタイムで表示する。

また車両情報だけでなく、走行時における縦横Gの表示やゼロヨンモード(区間タイムの計測)、シフトインジケーター、別売予定のラップタイムセンサーによるサーキット周回タイムの計測など、よりスポーツ走行を嗜む機能を追加。自動車アフターマーケットらしいアイディアを盛り込んでいる。

ラインアップおよび適合車種は、DPS360-RXがスバル『レヴォーグ』(VM)、『WRX S4/STI』 (VA)、DPS358-Zがトヨタ『86』(ZN、前期型)、スバル『BRZ』(ZC、アプライドA~D)、DPS358-Mがマツダ『ロードスター』(ND、2015年5月~)、DPS360-Mがマツダ『CX-5』(KE系、2012年2月~2017年1月)、『アクセラ』(BM/BY系・2013年11月~2016年6月)、『デミオ』(DJ系、2014年9月~2016年10月)、『CX-3』(DK系、2015年2月~2016年10月)。

価格(税別)は各9万8000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/10/10/314891.html/article/2018/10/10/314890.html/article/2018/10/10/314892.html