トヨタ クラウン、長時間点灯でヘッドライトが暗くなるおそれ リコール

トヨタ クラウン ロイヤル(2012年)
トヨタ クラウン ロイヤル(2012年)全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は10月10日、『クラウン』のヘッドライトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2012年12月13日~2015年9月18日に製造された4654台。

ヘッドライトについて、タクシー用途等で想定を超えた長時間点灯を続けた場合、バルブからの熱と紫外線により反射板のアルミ蒸着が剥離することがある。そのため、そのまま使用を続けると、集光不足となり、光度が徐々に低下し、最悪の場合、保安基準第32条を満足しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ヘッドライトの反射板を対策品に、レンズを新品に交換する。

不具合は43件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・クラウン(2008年)
  • トヨタ クラウン 新型
  • トヨタ クラウン 特別仕様車 RSリミテッド(2.5Lハイブリッド車)
  • トヨタ クラウン アスリート 2017 警察本部警備部要人警護車両(上段左)、トヨタ クラウン アスリート 2017 北海道警察交通部交通機動隊車両(上段右)、レクサス RC F “F 10th アニバーサリー
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ