ノリモノの可能性を引き出した地域創生事業---最先端事例を紹介するカンファレンス 10月15日 | レスポンス(Response.jp)

ノリモノの可能性を引き出した地域創生事業---最先端事例を紹介するカンファレンス 10月15日

「まちノリ☆カンファレンス2018」を開催
「まちノリ☆カンファレンス2018」を開催全 1 枚写真をすべて見る

INSPIREとNPO法人のETIC.のイニシアチブによって企画・運営されるノリモノまちづくりのプラットフォーム「まちノリ☆ラボ」は、ノリモノの可能性を引き出した地域創生の最先端事例を共有する「まちノリ☆カンファレンス2018」を10月15日に東京マリオットホテルで開催する。

カンファレンスでは、ヤマハ発動機の「スローモビリティまちづくり」、Googleの「地方創生デジタルマーケティング」、石川県輪島市の新交通システム「WA-MO(ワーモ)」、島根県雲南市の「ソーシャルチャレンジバレー雲南」といった先進的な取組みを行っている自治体や企業がプレゼンテーションセッションを行う。

また、ラボを企画・運営するINSPIREが「超絶まちづくりのスタートアップ技法」の解説とともに、ラボのプログラムを案内する予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ