吉利のつながる新ブランド「Lynk&Co」、500馬力セダン提案…車台はボルボと共有

Lynk&Co 03 シアン
Lynk&Co 03 シアン全 3 枚写真をすべて見る

吉利汽車グループの新ブランド「Lynk & Co」は10月19日、『Lynk&Co 03シアン』を発表した。シアンレーシングと共同開発した500hpの高性能セダンコンセプトカーとなる。

Lynk&Coは、世界で最も進んだコネクテッドカーを目指す新ブランド。また、新たなシェア形態を基本にしたビジネスモデルとなり、オープンデジタルプラットフォームをベースに自動車を生産するなどの特色がある。

Lynk&Co 03シアンは、小型セダンの『03』がベース。03は、ボルボカーズと車台を共有。同ブランドが掲げる最新コネクティビティが導入されており、世界初のデジタル車載シェアボタンを標準装備する。

シアンレーシングは世界最高峰のツーリングカーレース、「FIA WTCR」の2019年シーズンに、『Lynk&Co 03TCR』を投入する予定。このレース専用車のノウハウを導入して、市販モデルを開発する計画。この市販モデルのコンセプトを提示したのが、今回発表されたLynk&Co 03シアンとなる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジーリー・プリフェース
  • ボルボカーズの電動車ラインナップ
  • 新車のキーをドローンで届ける吉利汽車の新サービス
  • ボルボカーズのSUV
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ