世界最長の海上橋が開通へ、中国本土と香港を結ぶ…総延長55km

港珠澳大橋 (c) Getty Images
港珠澳大橋 (c) Getty Images全 8 枚写真をすべて見る

中国本土と香港を結ぶ世界最長の海上橋が10月24日に開通する。総延長は55kmに及び、中国山東省の青島膠州湾大橋の42kmを上回り、世界最長の海上橋となる。

橋の名称は、「港珠澳大橋」。香港のランタオ島と中国本土の広東省珠海市およびマカオの間を結ぶ。香港政府によると、港珠澳大橋の完成により、香港と広東省珠海市との移動時間は、およそ4時間からおよそ45分に大幅に短縮されるという。

港珠澳大橋は片側3車線の合計6車線構造。8年の工期を経て完成した。10月23日の記念式典には、中国の習近平国家主席らが出席。10月24日に開通する。

香港政府は港珠澳大橋により、貿易や金融、物流、観光の面で中国広東省、香港、マカオとの協力が強化されることが見込まれる、としている。

港珠澳大橋 (c) Getty Images港珠澳大橋 (c) Getty Images

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ