三菱ふそう ローザ、21年で初めてのフロントフェイスリフト

三菱ふそうローザ
三菱ふそうローザ全 1 枚写真をすべて見る

三菱ふそうトラック・バスは、小型バス『ローザ』2018年モデルを、全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門から販売する。1997年の発売以来初のフロントフェイスリフトを実施した。(10月25日発表)

新デザインは、「FUSO」ロゴを強調する「ふそうブラックベルト」を採用し、これからの三菱ふそうのブランドアイデンティティを示する。さらに、LEDポジションランプ付き新型ヘッドランプと新型LEDフォグランプ(一部グレードに標準)を装備し、フロントフェイスのイメージを一新した。

価格は「TPG- BE640G」型=4P10(T6)エンジン(129KW/175PS)、6速「Duonic 2.0」トランスミッション、2WD、ロングボディ、ベーシック・グレード、29人乗りで、674万6760円。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • モバイルワーク(イメージ)
  • 三菱ふそうキャンター
  • 三菱ふそうエアロクィーン
  • マテリアルラボで消毒液を製造
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ