トヨタ自動車の世界生産、0.7%減の438万8282台で2年連続マイナス 2018年度上半期

トヨタ自動車元町工場
トヨタ自動車元町工場全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は10月29日、2018年度上半期(4~9月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は、前年同期比0.7%減の438万8282台で、2年連続のマイナスとなった。

海外生産は同0.3%増の289万4947台で2年ぶりのプラスとなったが、国内生産は同2.8%減の149万3335台で2年連続の減少となった。

国内販売は同4.3%減の74万0848台で2年連続のマイナス、輸出は同3.1%増の92万5315台で2年連続のプラスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・アーバンクルーザー
  • トヨタ e-Palette
  • トヨタ・ヤリスクロス
  • メルセデスAMG G65 vs アイコン FJ44
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ