カーメイト、全天球型ドライブアクションレコーダーを北米市場へ投入…SEMA 2018に出展予定

d’Action 360(DC3000A)
d’Action 360(DC3000A)全 3 枚写真をすべて見る

カーメイトは、米国ラスベガスで10月30日に開幕するSEMAショー2018に、ドライブレコーダー機能付き全天周360度カメラ「d'Action(ダクション)360」の北米市場向けモデルを出展する。

ダクション360は、前方だけでなく、同乗者や自分の運転が記録でき、万が一の際はドライブレコーダーにもなる新カテゴリーの「ドライブアクションレコーダー」。4K相当の高画質で360度映像を撮影でき、データはスマートフォンにダウンロードして閲覧することができる。

カーメイトでは、北米仕様のダクション360(DC3000A)を11月1日より発売。それに先駆け、 SEMAショーにて、米国での主力製品である「RAZO(レッツォ)」シフトノブなどとともに、ダクション360やその付帯製品を展示する。

ダクション360を海外イベントで本格的に紹介するのは今回が初。カーメイトでは、北米市場だけでなく、世界各国からの来場者に向けて広くアピールしていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • リモコンエンジンスターター
  • GIGA LEDヘッド&フォグバルブ S7
  • プルーム・テック・プラス用マグネット充電セット
  • エブリイ専用 増設電源ユニット
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ