デンソー、自然災害影響も売上高11.1%増 2018年4-9月期決算

デンソー(参考画像)
デンソー(参考画像)全 1 枚写真をすべて見る

デンソーは10月31日、2018年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。自然災害による影響があったものの、車両生産の増加や拡販、デンソーテンの子会社化などにより、売上収益は前年同期比11.1%増の2兆6250億円と増収になった。

しかし営業利益は、前年度に発生した一過性の収益がなくなったことや、前年度との費用回収タイミングのずれ、将来の成長領域への投資の加速等により同25.5%減の1524億円で減益となった。税引前利益は同24.9%減の1702億円、四半期利益は同26.0%減の1141億円となった。

通期連結業績予想については、第2四半期連結累計期間の業績や為替の実績等を踏まえて上方修正。営業利益を3930億円(前回予想比+30億円)、税引前利益を4300億円(同+30億円)、当期利益を3050億円(同+20億円)とした。売上高は前回予想の5兆4000億円を据え置いた。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • yuriCargo
  • 電池ECU/電動車両の電池を安全に制御する「電池ECU」
  • QRコード
  • Factory-IoTプラットフォーム
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV