GMが黒字転換、前年の赤字はオペル売却関連 2018年第3四半期決算

米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル
米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル全 1 枚写真をすべて見る

GM(General Motors)は10月31日、2018年第3四半期(7~9月)の決算を発表した。

同社の発表によると、第3四半期の売上高は357億9100万ドル(約4兆0470億円)となり、前年同期の336億2300万ドルから、6.4%増とプラスに転じた。

また第3四半期の純利益は、25億3400万ドル(約2865億円)となり、前年同期の29億8100万ドルの赤字から、黒字転換を果たした。

黒字決算となった大きな要因が、前年同期は傘下だった欧州部門のオペル/ボクスホールを、PSAグループに売却したことに伴う費用を計上していたため。今期はこれがなくなり、利益を確保した。

GMのメアリー・バーラ会長兼CEOは、「第3四半期の業績は、未来のモビリティを進化させ続ける一方で、リスク管理の正しさや強固なビジネスの成果を示すもの」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BASFが14回目となるGMのサプライヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞
  • シボレー・ボルトEVに装着されたミシュラン『アプティス』プロトタイプ。
  • 左からJim Danahy氏(GM社)、Tom McMillen氏(GM社)、Brent Morgulec氏(BATO)、Fred Cusimano氏(BATO)、Greg Warden氏(GM社)
  • GMの新世代のデジタル車両プラットフォーム
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/01/315683.html/article/2018/11/01/315682.html/article/2018/11/01/315684.html