ヤマハ発動機、ファミリー向けスクーター『フリーゴー』をインドネシア市場に投入

ヤマハ・フリーゴー
ヤマハ・フリーゴー全 6 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、125cc BLUE COREエンジン搭載のスクーター『Free Go(フリーゴー)』を11月よりインドネシア市場で発売する。

フリーゴーは、「家族の快適をのせたファミリーコンパクト」をコンセプトに、エレガントなスタイリングと、使い勝手の良い実用機能をバランスさせたファミリー向けスクーターだ。軽量・低振動のBLUE COREエンジンにより快適な走りを実現するほか、始動用動力と発電を兼ね、静かな始動性を実現するとともに発電ロスを低減するスマート・モーター・ジェネレーターを搭載。また居住性の高い長さ720mmのシートや、シート開閉の手間を省くフロント給油口、積載性に優れた大容量(約25L)のシート下収納ボックス、上質感と先進性を合わせもつ液晶メーターなどを装備する。

価格は標準モデルが1850万ルピア(約13万7600円)、ストップ&スタートシステムやスマートキーを採用したIバージョンが1970万ルピア(約14万6500円)、ABSを搭載した「Aバージョン」が2250万ルピア(約16万7300円)。

インドネシアの二輪車市場は年間580万台規模で推移しており、そのうちスクーター市場は年間480万台。フリーゴーはファミリーで過ごす素敵な時間を演出する頼れるスクーターとして、家族を大切にするお父さんのニーズに応える。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ e-tron スクーター(フランクフルトモーターショー2019)
  • カワサキ Ninja H2 SX SE+
  • 二輪市場活性化プロジェクト「HondaGO」
  • 石川県から来たという池下さんご家族は新型R1250を試す
  • BMW R nineT /5
  • イメージ
  • 普段使いしやすい容量、スピード着脱、二人乗りを実現した「ターポリンシングルサイドバッグ」
  • 「二輪デザイン公開講座」に31名の学生が参加。バイク・デザインの基礎を学んだ。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/01/315695.html/article/2018/11/01/315694.html/article/2018/11/01/315696.html