トヨタ カローラスポーツ が「AE86」に変身?…SEMA 2018

新型トヨタ・カローラ・ハッチバック(カローラスポーツ)の「AE86」仕様車
新型トヨタ・カローラ・ハッチバック(カローラスポーツ)の「AE86」仕様車全 6 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車の米国部門は10月30日、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー2018において、新型『カローラ ハッチバック』(日本名:『カローラスポーツ』)の「AE86」仕様車を初公開した。

AE86型『カローラレビン』と『スプリンタートレノ』は、1983年に発表された。1.6リットル直列4気筒ガソリン自然吸気エンジンを、1トンを切る軽量ボディに搭載し、最大出力は130psを引き出す。トランスミッションは5速MTで、FR駆動による車両を操る楽しさという点で高い評価を集めた名車だ。

SEMAショー2018で初公開されたAE86仕様車は、この名車AE86に敬意を示し、最新のカローラ ハッチバックをAE86仕様に仕立てるべく、MUSCLE TUNER AUTOMOTIVEがカスタマイズを行った。
新型トヨタ・カローラ・ハッチバック(カローラスポーツ)の「AE86」仕様車
目を引くのは、ボディサイドのラップフィルムによる黒いストライプ。当時のAE86に見られたツートンボディを再現する。ボンネットやルーフスポイラーも黒で仕上げられた。フロントバンパーには、「TOYOTA」のデカールが配される。カスタムビルドのエアロパーツは、アルミ製のフロントリップスポイラー、ディフューザー、サイドスカート、カナードなどで構成する。

燃料はナイトラスオキサイド(亜酸化窒素)システムに対応しており、室内のボタン操作でエンジンパワーを引き上げることができる。ブレーキは強化されており、専用のエグゾーストも装着された。タイヤは、ブリヂストンの「RE-71R」を履く。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GRスープラ3000GTコンセプト(SEMA 2019)
  • 日産 グローバルタイムアタック TT 370Z
  • トヨタGRスープラ・パフォーマンスライン・コンセプト
  • 「Best New Tire Winner」を受賞した「GEOLANDAR X-AT」
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ