トンネルにMIセンサを使った磁気マーカシステムを整備、自動運転の実証用 愛知製鋼

実証評価で使用される自動運転バス
実証評価で使用される自動運転バス全 2 枚写真をすべて見る

愛知製鋼は、国土交通省が11月5日から29日まで、長野県伊那市の道の駅「南アルプスむら長谷」で実施する自動運転実証実験に参画し、MIセンサを使った「磁気マーカシステム」を提供する。

同社では昨年から全国で実施されている自動運転実証実験にMIセンサを用いた「磁気マーカシステム」を提供し、全国各地で社会実装を目指して検証してきた。今回、今年2月に実証実験を実施した道の駅「南アルプスむら長谷」周辺で2回目の実験を行うが、新たにトンネル内を含むコースを設定して技術を検証する。

「磁気マーカシステム」は車両底部に取付けたMIセンサモジュールによって走路に沿って敷設した磁気マーカの微弱な磁力から自車位置を高精度に計測し、車両が磁気マーカ上を通過するように制御するシステム。

道の駅「南アルプスむら長谷」周辺はトンネルが多く、GPSの電波を用いた位置特定が困難で、画像処理の信頼性も十分でないため「磁気マーカシステム」技術による正確な自車位置推定が期待されている。トンネルを含む走路での「磁気マーカシステム」の実証実験は日本で初めて。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV