GMが電動自転車市場に参入、2019年発売へ…電動化戦略の一環

GMの電動アシスト自転車「eBikes」
GMの電動アシスト自転車「eBikes」全 3 枚写真をすべて見る

GM(General Motors)は11月2日、eBikes=電動自転車市場に参入すると発表した。

GMは「無事故、ゼロエミッション、混雑ゼロの世界を作りあげる」というビジョンの実現を目指しており、2023年までに、新型の電気自動車を20車種投入する計画を掲げている。

この電動化戦略の一環として今回、eBikes市場に参入すると発表した。同時に2種類のプロトタイプを発表しており、このうちのひとつは、折り畳み式の電動アシスト自転車となる模様(アシストの仕組みや程度については未発表)。

なおGMは、このeBikesのブランド名を広く一般から募集している。発売は2019年を予定する。GMは、電動化エンジニアリングや自動車デザインのノウハウを投入して、2つのeBikesを開発した、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • SPECIALIZED TURBOと笹原右京選手
  • ノーマルタイプ:シェアサイクル
  • ドゥカティの電動キックボード「Pro II」と「Cross-E」
  • LUUPサービスイメージ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ