コンチネンタルが二輪車初の緊急自動ブレーキ、ハンドルに振動で警告も…EICMA 2018で公開へ

コンチネンタルの二輪車用としては初の緊急時の自動ブレーキアシストシステム
コンチネンタルの二輪車用としては初の緊急時の自動ブレーキアシストシステム全 1 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は11月5日、イタリアで11月6日に開幕する「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、二輪車向けに新開発した先進運転支援システム(ADAS)を初公開すると発表した。

コンチネンタルがEICMA 2018で初公開予定の二輪車向けに新開発した先進運転支援システム(ADAS)は、二輪車用としては初の緊急時の自動ブレーキアシストシステムになるという。この緊急自動ブレーキアシストは、レーダーセンサーを使用して、二輪車の前方の道路をモニターする。

障害物に衝突する危険がある場合、ライダーには、視覚的、聴覚的、触覚的な警告、例えばハンドルバーの振動によって、警告が発せられる。ライダーが警告に反応しない場合、緊急ブレーキアシストが作動し、自動的にブレーキ力を強化する。

このシステムには、最新の短距離および長距離のレーダーセンサーを使用する。これらのセンサーは、物体の高さを仰角を測定することによって計算することができる。これは、センサーが渋滞の末尾をより正確に検出できることを意味する。二輪車は設置スペースが限られているため、レーダーシステムはコンパクトな設計とした、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタルの交差点などでの事故を減らす先進運転支援システム
  • コンチネンタルとボーダフォンが共同開発したセルラーV2X+5Gの新技術のイメージ
  • コンチネンタルEcoContact6
  • 代表取締役社長グレゴリー・メイ氏
  • 日産 ジューク 次期型のプロトタイプを激写。ジュークの特徴である“顔”はどう変わるか
  • ルノー キャプチャー 次期型 PHEV スクープ写真
  • VWの新ブランド「ジェッタ」SV5 スクープ写真
  • トヨタ アクア 次期型 予想CG

ピックアップ