三井物産、中国GCLグループと協業へ…EVやLNG、省エネ関連ビジネスで

日中第三国市場協力フォーラム、右から4人目がGCLグループの朱共山董事長、その左隣が三井物産の安永社長
日中第三国市場協力フォーラム、右から4人目がGCLグループの朱共山董事長、その左隣が三井物産の安永社長全 2 枚写真をすべて見る

三井物産は11月7日、中国GCLグループと電動自動車(EV)、液化天然ガス(LNG)、省エネ関連ビジネスでの協業に関する覚書を締結したと発表した。

GCLグループは中国内外で電力事業および太陽光パネル原料のポリシリコン製造事業をコア事業とする中国民間エネルギー新興企業。両社は今年6月、次世代型インフラ事業に関する合弁会社設立で合意しており、今回の覚書締結はそれに続くもの。日中第三国市場協力フォーラムが推進する日中民間経済協力のモメンタムも活かし、中国内外で成長を続けるクリーンエネルギービジネス分野での新たな価値創造を目指す。

EV関連では中国内モンゴル自治区オルドス市における協業、LNG関連では中国沿岸部での受け入れ基地を軸とした協業、省エネ分野ではAIを活用した事業について検討する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三井物産 モビリティ第一本部 交通プロジェクト部 野瀬道広部長(右)と、レイ・フロンティア 田村建士代表取締役
  • (イメージ)
  • 日産リーフ
  • シンガポール(イメージ)
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型
  • BMW iNEXT/i5 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/07/315886.html/article/2018/11/07/315885.html/article/2018/11/07/315887.html