コンチネンタルがライダー支援システム、アダプティブクルーズコントロールなどを発表…EICMA 2018

コンチネンタルのアダプティブクルーズコントロール
コンチネンタルのアダプティブクルーズコントロール全 5 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は11月6日、イタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、「アドバンストライダー支援システム」(ARAS)を発表した。

アドバンストライダー支援システムのひとつが、「アダプティブクルーズコントロール」だ。このクルーズコントロールは、オートバイの車体が傾いていても、自動的に前方を走行する車両の速度に対応し、常に安全な距離を確保する。アダプティブクルーズコントロールは、交通量の多い高速道路において、リラックスしたライディングを可能にし、ライダーの緊張を取り除く効果を発揮する。

この他のARASの機能には、死角検出、交通標識アシスト、インテリジェントヘッドライトアシストなどがある。死角検出は、短距離レーダーセンサーによってバイクの後ろを監視し、車線変更の際には、ライダーの死角に入る車両などの存在を警告する。

交通標識アシストは、カメラを使用して速度制限の標識を読み取り、ライダーに知らせる。インテリジェントヘッドライトアシストは、対向車のライトを検出し、ハイビームとロービームを自動的に切り替える。さらに、前方衝突警告は衝突の危険がある場合、ライダーに警告を行う。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ファンティック・キャバレロ スクランブラー500
  • カンナム・ライカー(Can-Am Ryker)
  • フィリピンでヤマハオーナーへのインタビューが実現。写真は『Sniper』ファンを自称するエドワード
  • マン・マシンが共用する服「Over」
  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/07/315901.html/article/2018/11/07/315900.html/article/2018/11/07/315902.html