電動バイク『ベクター』発表、ヘルメットのバイザーに各種情報を投影…EICMA 2018

アーク・ベクター(EICMA 2018)
アーク・ベクター(EICMA 2018)全 6 枚写真をすべて見る

英国の新興二輪車メーカー、アーク(Arc)は11月6日、イタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、電動バイクの『ベクター』(Vector)をワールドプレミアした。

アークは、英国の自動車産業の中心地、コベントリーに本拠を構える新興二輪車メーカだ。ベクターは、新世代のカフェレーサーをテーマに掲げて開発され、電動バイクとなるのが特徴だ。

ベクターの電動パワートレインに関しては、現時点でモーターなどのスペックは公表されていない。ただし、重量は競合モデルに想定するスーパーバイクよりも軽い220kgに抑えられ、0~96km/h加速3.1秒、最高速200km/hの性能を発揮するという。1回の充電での航続は、市街地でおよそ320km、高速道路でおよそ190kmを確保した。急速チャージャーを利用すれば、バッテリーは45分で充電できる。

また、ベクターには最先端の技術として、「HUD(ヘッドアップディスプレイ)ヘルメット」が採用される。「ゼニス」と命名されたヘルメットは、速度やナビゲーションなどの情報を、ヘルメットのバイザーに投影する。

オプションで、「ハプティクスライドウェア」と呼ばれるライダーズジャケットを設定する。ハプティクスとは、触覚を通じて情報を伝達するテクノロジーだ。ライダーズジャケットを振動させて、潜在的な危険をライダーに警告したり、バイクの能力の限界にどれくらい近づいているかを、ライダーに知らせたりすることを可能にしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブレイズスマートEV
  • LOOP POWER SHOT(ループパワーショット)80ml缶
  • 伝家の宝刀「スズキ カタナ」と、二刀流「ヤマハ ナイケン」を比較
  • Vストローム250/ABS
  • ヤマハSR400
  • 個人宅から北海道へのバイク輸送サービスをおこなうゼロ・プラスBHS
  • スズキ 隼(ハヤブサ)
  • スズキ カタナ 新型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/08/315943.html/article/2018/11/08/315942.html/article/2018/11/08/315944.html