ソニックデザイン、52mmワイドレンジドライバーを数量限定で再販売

ソニックデザイン 52mmワイドレンジドライバー・モジュール UNIT-N52MA
ソニックデザイン 52mmワイドレンジドライバー・モジュール UNIT-N52MA全 2 枚写真をすべて見る

ソニックデザインは、2017年に数量限定で発売した、高級コンポーネントスピーカー「プレミアムライン」シリーズの52mmワイドレンジドライバー・モジュール「UNIT-N52MA」を40セット限定で全国のソニックプラスセンターにて発売する。

UNIT-N52MAは、ソニックデザイン独自の52mm口径ワイドレンジドライバーと、車内のダッシュボードやAピラー付近などにも取り付けしやすい砲弾型アルミダイキャスト製エンクロージュアとの組み合わせにより、音楽の主要帯域を1台でシームレスに再生することを目指したエンクロージュア一体型ワイドレンジドライバー・モジュールだ。

ハイエンドモデル「UNIT-N52N」「UNIT-N52R」の基本設計を踏襲しながら、コストパフォーマンスに優れた新開発52mmユニットの「SD-N52MA」を採用することで、リーズナブルな価格を実現。ソニックデザイン製25mmトゥイーターとの置き換えや、プレミアムラインFクラス/カジュアルラインMクラス製品との組み合わせにも適している。なお、同製品は輸出専用モデルを日本市場向けとして再商品化したもので、今回は左右ペア・40セットを限定販売する。

価格(消費税・取付費別)は11万0000円。ソニックデザイン特製ロゴバッジ2個が付属する。なお期間中、UNIT-N52MAを購入すると、トゥイーターを一律1万円で下取りするキャンペーンも実施する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ ヤリス(左上)、C-HR(右上)、カローラスポーツ(左下)、RAV4(右下)
  • トヨタ ヤリス
  • スバル フォレスター ソニックプラス SP-S300EL
  • ハイグレードモデルのセパレート2ウェイタイプ「SP-Y12M」
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ