ハスクバーナが初の電動バイク EE5 発表、2019年夏発売へ…EICMA 2018

ハスクバーナEE5 (EICMA 2018)
ハスクバーナEE5 (EICMA 2018)全 6 枚写真をすべて見る

ハスクバーナは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、ハスクバーナ『EE5』(Husqvarna EF 5)をワールドプレミアした。

EE5は、ハスクバーナ初の電動バイクとなる。2019年の夏から、2020年モデルとして発売することを計画している電動オフロードバイクだ。

電動パワートレインのモーターは、最大出力6.8hpを発生する。バッテリーは、蓄電容量が907 Whのリチウムイオンを組み合わせた。このバッテリーは、急速充電にも対応している。

EF5のデザインは、北欧スウェーデンにインスパイアされたもの。サスペンションはWP製で、6種類のライディングモードが切り替えられる。シートの高さも調整可能、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)
  • チーム無限のマクギネス選手(マン島TT2019)
  • アーク・ベクター
  • 【トライアンフ ストリートトリプル RS 試乗】 レーサー直結のストリートファイター...サトウマキ
  • ヤマハ テネレ700(ライダー松井勉)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/13/316110.html/article/2018/11/13/316109.html/article/2018/11/13/316111.html