「こそモビ協議会」---子ども連れが移動しやすい環境を整備へ 国交省

(イメージ)
(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、子ども連れの人が移動しやすい環境を実現するため「子育てにやさしい移動に関する協議会(こそモビ協議会)」を立ち上げる。

国土交通省では、2013年に「公共交通機関等におけるベビーカーに関する協議会」を設置し、ベビーカーの安全な使用やベビーカー利用の理解・配慮を求めるポスター、チラシを活用した普及啓発活動を展開。ベビーカーマークの作成とJIS登録を行い、マークの認知度の向上も図ってきた。

国土交通省では今後、子ども連れの人が移動の利便性・安全性を向上させるためには、ベビーカー使用者に限定せず、すべての子ども連れの人にとって移動しやすい環境を実現するための取り組み必要と判断。子育てにやさしい移動環境の整備に向けて、従来の協議会を発展的解消して「子育てにやさしい移動に関する協議会」を設置する。ベビーカーに関する従来の取り組みに加え、公共交通事業者などが行う子育てを応援する取り組み、事例を広く共有し、関係者の取り組みの強化を図るのが目的。

11月22日に同協議会の初会合を開催する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 車載式故障診断装置(OBD)を活用した自動車検査手法のあり方検討会報告書の概要
  • 自動車の特定改造の許可制度の概要
  • 先進安全技術による被害低減効果予測のための、車両の衝突直前挙動に基づく傷害予測モデル
  • 令和2年7月豪雨で多くの車両が被災した(7月8日、球磨郡)
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ