渋滞率など、交通流をシミュレーションできるシステム 日立産業制御が開発

シミュレーション請負業務サービスにて作成した3Dアニメーションイメージ
シミュレーション請負業務サービスにて作成した3Dアニメーションイメージ全 1 枚写真をすべて見る

日立産業制御ソリューションズは20日より、道路を走行する車の挙動をシミュレーションした2Dアニメーションを作成し、精緻に渋滞率などのデータを集計・提示する交通流シミュレーションシステム「トラフィックスOD Ver3.1」を日本、中国、東南アジア地域で販売開始した。

トラフィックOD Ver3.1を活用することで、信号のない交差点での横断歩行者の挙動、公共交通機関の停車時間も考慮した、より現実に近い精緻なシミュレーションに基づいて新しい道路建設や渋滞対策など、さまざまな道路施策の効果や課題を定量的、視覚的に評価できる。

ラウンドアバウトなど、信号のない交差点でも横断歩行者の交通影響を考慮した交通流シミュレーションが可能。バスや路面電車、LRT、BRTなどの公共交通機関に関する利用者数や支払い方法などの情報を元に停車時間を考慮した交通流シミュレーションもできる。

また、同社がシミュレーションを受託するシミュレーション請負業務サービスの一環として3Dアニメーションを作成・提供してきたが、今回、既製の3D地図データを活用することで、従来よりも短期間で、実際の街並みに近いアニメーションを作成・提供する。

同社では、国内外の建設コンサルタントやゼネコンの道路施策立案関係者を中心に新製品を販売する計画。今後2年間で20システム、請負業務100件の受注を目指す。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 移動データに関する国際標準と適用事例
  • トヨタ・プリウスPHV(参考画像)
  • 本町山中有料道路でのワンストップ型ETCの社会実験(概念図)
  • MaaSアプリ「Hitachi City MaaS Project」
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ