【F1】トロロッソ・ホンダ、2019年のアルボン起用を発表…来季ホンダ勢のシート全確定

A.アルボン(2018年F2参戦時)
A.アルボン(2018年F2参戦時)全 3 枚写真をすべて見る

26日(欧州時間)、F1を戦うトロロッソ・ホンダは来季2019年のレースドライバーとしてアレクサンダー・アルボンの起用を発表した。これで来季のホンダ勢のF1レースシートはすべて確定したことになる。

1996年生まれ、現在22歳のアレクサンダー・アルボンは英国育ちのタイ国籍ドライバーとされ、2018年はFIA-F2でシリーズ3位となった有望株。ここ最近、トロロッソからの来季F1初参戦がしきりに噂されていたドライバーだった。

この発表により、来季のトロロッソ・ホンダはアルボンとダニール・クビアトのコンビで戦うことが決定。また、来季からホンダ製パワーユニット(PU)を搭載するレッドブルはマックス・フェルスタッペンとピエルー・ガスリーの起用が決まっており(ガスリーはトロロッソから移籍)、2019年のホンダPU勢のレースシートはすべて確定したことになる。

なお、アルボンは日産から2018/2019シーズンのフォーミュラE(今年12月開幕)に参戦することが先に決まっていたのだが、フォーミュラEの公式サイトは「別のチャンスを得たアルボンは、日産のフォーミュラEからは離れる」との見方を示している(今月スペインで開催されたフォーミュラEの公式合同テストでもアルボンは走行していなかった模様)。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • F1カー STR14とEQB-1000TR
  • ホンダ応援席限定グッズ オリジナルフラッグ
  • カシオ エディフィス スクーデリア・トロ・ロッソ・リミテッドエディション ECB-900TR
  • クビアト(3月2日、バルセロナテスト)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/27/316573.html/article/2018/11/27/316572.html/article/2018/11/27/316574.html