【レクサス UX】澤プレジデント「独自のGA-Cプラットフォームで操縦安定性を追求」

レクサスインターナショナルの澤良宏プレジデント(左)とUX開発責任者の加古慈チーフエンジニア
レクサスインターナショナルの澤良宏プレジデント(左)とUX開発責任者の加古慈チーフエンジニア全 3 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は11月27日、レクサスの新型SUV『UX』を同日発売すると発表した。レクサスでは『LX』、『RX』、『NX』に続くSUVシリーズだが、それらの中で最もコンパクトなモデルとなる。国内では月間900台の販売を計画している。

2.0リットルのガソリン車「UX200」と、2.0リットルエンジンによるハイブリッド車(HV)「UX250h」の2タイプがあり、パワートレインはいずれも新開発した。価格は390万円から535万円。日本での発売を皮切りに世界80か国に展開する計画だ。

プラットフォーム(車台)は、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)によるトヨタブランドの『C-HR』用をベースにした「GA-Cプラットフォーム」を採用した。レクサスインターナショナルの澤良広プレジデントは、GA-Cについて「サスペンションを専用に開発するとともに、車体にレーザースクリュー溶接や構造用接着剤を導入して剛性を高めた。さらにパフォーマンスダンパーの採用やヒップポイントを低くする独自設計で操縦安定性を追求している」と、解説した。

また、開発責任者である加古慈チーフエンジニアは「このセグメントではほとんど最後発になるので、独自の存在感を発揮したいと取り組んだ。とくに走りは妥協せずに、楽しいと思っていただける走りを求めた」と語った。澤プレジデントは、レクサスのクロスオーバー系SUVのなかでは「新しいお客様との接点になる。コンパクトで上質を求めるお客様は多いので、間口を広めていきたい」と、顧客層の拡大に意欲を示した。

事前の受注活動を行っており、27日までに月間計画の6倍強となる5500台の注文を得ているという。発表会の席で澤プレジデントは、今年1~10月のレクサス車の販売実績も示し、グローバルで56万7000台(前年同期比6%増)、うち日本は4万6900台(35%増)と、いずれも過去最多になっていると明らかにした。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レクサスES新型のハイブリッド「ES 300h」
  • レクサス UX
  • トヨタ・プリウス
  • レクサス UXのハイブリッド(欧州仕様)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/27/316593.html/article/2018/11/27/316592.html/article/2018/11/27/316594.html