北米カーオブザイヤー2019、ホンダ インサイト 新型が残る…最終3車種を発表

ホンダ・インサイト新型
ホンダ・インサイト新型全 3 枚写真をすべて見る

北米カーオブザイヤー主催団体は11月28日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2018において、「2019北米カーオブザイヤー」のファイナリスト3車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今年で26回目だ。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

2019北米カーオブザイヤーのファイナリスト3車種は、以下の通り。

●ホンダ・インサイト
●ボルボS60/V60
●ジェネシスG70

日本メーカーでは唯一、復活を果たしたハイブリッド車、新型ホンダ『インサイト』が選出された。2018年9月に発表されたセミファイナル14車種のうち、日本メーカー車では新型トヨタ『カローラ』『アバロン』、新型日産『リーフ』『アルティマ』、改良新型マツダ『6』の5台が、この時点で脱落している。

他の2台は、ボルボカーズのミドルセダン&ワゴンの新型ボルボS60/V60と、韓国ヒュンダイの高級車ブランド、ジェネシスの新型『G70』が、最終選考に駒を進めた。

2019北米カーオブザイヤーは2019年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー2019において発表される予定だ。前回は、新型ホンダ『アコード』が、北米カーオブザイヤーに輝いている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV