スバルが国際航空宇宙展2018に出展、クルマ不正問題の影響は?

スバルのブース
スバルのブース全 1 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は東京ビッグサイトで開催された「国際航空宇宙展2018東京」(11月28~30日)に出展。初日には吉永泰之会長がブースを訪れ、社員を激励したという。今のスバルはクルマの不正問題でピンチに立たされており、社内で動揺が広がらないことへの配慮があったのかもしれない。

そんなスバルが今回目玉の製品として展示したのが、「SUBARU BELL 412EPX」というヘリコプターだ。40%スケールモデルだったが、米国ベル・ヘリコプター・テキストロン社と共同開発したもので、高い信頼性と汎用性を持つ412シリーズの最新型となるヘリコプターだ。

同社関係者によると、性能と安全性の向上のために金属表面加工技術や高効率生産技術など、スバル独自技術を最大限に投入した機体とのこと。また、メイン・ローター・ギアボックスの強化をはじめ、無潤滑状態でも30分間飛行可能なトランスミッションを搭載し、トランスミッション・トルクを11%(約111km/h)向上させた。

来年から販売する予定で、同社関係者も期待を寄せる製品だ。しかし、気になるのが相次いだクルマの不正問題の影響だ。なにしろクルマの販売は問題発覚以降、急速に落ち込んでいるからだ。

スバルの航空機事業は、長い間収益的に厳しい状況にあった。それを吉永社長時代に近藤潤副社長(当時)が陣頭指揮を執って、クルマづくりの考え方を取り入れるなどの構造改革を進め、収益の上がる体質に変えた。

そんなときだけに航空機事業への影響が心配されるわけだが、会場にいたスバル関係者数人に聞いてみたところ、「不正の影響はない」と口を揃える。航空機ビジネスはクルマとは全く別の世界のようで、ユーザーもある程度決まっており、スバルのブースには次から次へと来場者が訪れていた。

《山田清志》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジェイテクトの高耐熱リチウムイオンキャパシタ
  • SUBARU BELL 412EPX
  • 川崎重工業の高性能多用途双発ヘリコプター「BK117 D-2」
  • 無人機「MQ-9」のメーカーであるジェネラル・アトミクス社が最新のコントロールステーションを展示。
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/01/316747.html/article/2018/11/30/316746.html/article/2018/12/01/316748.html