三菱ふそうキャンター などをリコール 後輪用ブレーキ配管が損傷するおそれ

新明和工業による改善箇所説明図
新明和工業による改善箇所説明図全 2 枚写真をすべて見る

新明和工業と極東開発工業は12月4日、三菱ふそう『キャンター』などの荷台(ダンプ作動用油圧ホース固縛ステー)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

新明和工業の届け出で対象となるのは、三菱ふそう『キャンター』、日産『アトラス』、UDトラックス『カゼット』の3車種で、2017年8月7日から2018年2月20日までに製造された1563台。極東開発工業の届け出で対象となるのも同3車種で、2017年8月7日から2018年3月26日までに製造された1443台。

いずれも、小型ダンプトラックのダンプ作動用油圧ホース固縛ステーと後輪用ブレーキ配管の隙が小さいため、走行振動でダンプ作動用油圧ホース固縛ステーと後輪用ブレーキ配管が干渉するおそれがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、後輪用ブレーキ配管が損傷し、最悪の場合、ブレーキ液が漏れて制動力が低下するおそれがある。

改善措置として、全車両、ダンプ作動用油圧ホース固縛ステーと後輪用ブレーキ配管の隙を確認し、隙が小さい場合はダンプ作動用油圧ホース固縛ステーの位置を変更して対策品に交換する。また後輪用ブレーキ配管に損傷があった場合は、ブレーキ配管を新品に交換する。

これまでに不具合は1件発生、事故は起きていない。

自動車技術総合機構からの指摘で発見した。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パワーゲート V型プレスゲート(V600)、プラットホームサイズW1570×H870
  • ゴミ収集車安全支援システム「KIES」
  • 自動吸水式 新型「スーパー散水車」
  • 極東開発 新型「土砂ダンプトレーラ (リンク式 ・ GVW36t)」
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV