グーグルのウェイモ、無人の自動運転タクシーを運用開始…アプリで呼び出す

グーグルのウェイモが運用を開始した無人の自動運転タクシー
グーグルのウェイモが運用を開始した無人の自動運転タクシー全 1 枚写真をすべて見る

グーグル(Google)の自動運転車開発部門、ウェイモは12月5日、無人の自動運転車を使った一般向けのタクシー配車サービスを開始した、と発表した。

「ウェイモ・ワン」(Waymo One)と命名された新サービスは、米国アリゾナ州で開始されたもの。サービスを利用するには、専用のアプリをスマートフォンなどにダウンロードする必要がある。

ユーザーは、このアプリを通じて、無人の自動運転タクシーを呼び出す。無人の自動運転タクシーは、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のクライスラーブランドのミニバン、『パシフィカ』ベースとなる。

無人の自動運転タクシーは24時間、365日呼び出すことができる。目的地までの距離や時間に基づいて、あらかじめ料金をアプリに表示する。最大で大人3人と子ども1人の合計4人が乗車できる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノー・ゾエ がベースの自動運転EV(参考画像)
  • ボルボ XC40 のEVのインフォテインメントシステムに車載化されるグーグル「アンドロイド」
  • グーグル/ウェイモの自動運転実験車
  • GoogleアシスタントではJR東日本とJR北海道の新幹線空席照会が可能。対象はグランクラスを含むすべての座席。写真は東北新幹線『はやぶさ』のグリーン車。
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/06/316918.html/article/2018/12/06/316917.html/article/2018/12/06/316919.html