トヨタ紡織、CES初出展…自動運転車向け車室空間モデルを紹介予定 | レスポンス(Response.jp)

トヨタ紡織、CES初出展…自動運転車向け車室空間モデルを紹介予定

車室空間モデル AceS(エーセス)
車室空間モデル AceS(エーセス)全 3 枚写真をすべて見る

トヨタ紡織は、2019年1月8日から11日までの4日間、米国ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「CES 2019」に初出展する。

今回のCES 2019では、モビリティで過ごす移動時間やライフスタイルを変え、モビリティーの快適価値を高める数々の提案を、その要素技術とともに紹介する。

自動運転レベル4を想定した車室空間モデル「AceS(エーセス)」は、乗員一人一人に快適を提供。内装やシートで乗員の生体情報を検知して眠気や感情を推定する技術や、状況に応じて音楽や光などで人の五感を刺激し、安心・快適を提供する技術を紹介する。

「MOOX(ムークス)」は、自動運転レベル5を想定した車室空間モデル。ビジネスやエンターテインメントなど、様々なサービスで空間活用されることを想定し、自由自在なシートレイアウトで必要な機能を配置。乗員の行動や状況に応じた五感刺激でサービスの価値を向上させる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ