マツダ デミオ 次期型にロータリーエンジン搭載?! すでに試作車

『ベストカー』2019年1月10日号
『ベストカー』2019年1月10日号全 2 枚写真をすべて見る

『ベストカー』2019年1月10日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
価格:本体361円+税=390円

『ベストカー』編集部によると、2019年から、大きく進化した技術、スタイル、コンセプトをもつ、革新的な新型スモールカーが続々と登場する。巻頭特集に出てくるのはトヨタ『パッソ』、ホンダEV、マツダ『デミオ』、日産『デイズ』だ。

それらの中でちょっと気になるのが5代目となるデミオ。『ベストカー』では予想デザイン画を掲載するとともに、パワートレインについて予想する。ロータリーエンジンを搭載して、登場した後はマツダの主力パワーユニットになっているかもしれないという。2013年には試作車も走ったそうだ。

「平成のうちにやるべきこと」は、「クルマを買う」、「カーライフ&ドライブ」、「社会&生活全般」の分野に分けて、やるべきことをあげ、その理由を説明する。ついでに新元号も占う。

気になる見出し……●スモールカー革命●新型アクセラ、超進化●冬のNEW CAR CHECK●緊急特集 日産はどこへ行く?●平成のうちにやるべきこと●MITSUOKAの仕事●冬の北海道ドライブwithカーフェリーの旅

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。レスポンス紙面上にて紹介いたします。送り先は「〒163-0228 東京都新宿区2-6-1 新宿住友ビル28階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・アルファード現行
  • トヨタMR2(初代)
  • ホンダN-ONE カフェレーサーコンセプトとして東京オートサロン2020に展示された次期型。
  • ホンダ・シビックタイプR現行
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV